トップメッセージ

アコレでしかできない「小売」を追求します。

代表取締役 三浦 弘

アコレのお店づくりHDS(ハード・ディスカウント・ストア)

アコレはGMS(総合スーパー)、SM(食品スーパー)やCVS(コンビニエンスストア)とは異なる、HDS(ハード・ディスカウント・ストア)を実現するお店です。
ドイツのアルディが創設した「HDS」はまだまだ日本では認知・確立されておらず、「ディスカウントストア=安かろう悪かろう」というイメージが払拭できていないのが現実です。

しかし当然のことながら、お客さまは「安くて良い商品」をお求めになります。
また、少子高齢化や人口減の進む日本では独特の家族構成もあります。
そのため、提供する商品陳列も日本独特の量や種類を実現する必要があるのです。

そこでアコレが実践するHDSは、食品を主に取り扱う身近にある小型のディスカウントストアで近隣住民の皆さまが日常必要とする商品を重点的に提供し、単純化・徹底化・標準化を骨子としたローコストオペレーションによる努力や工夫で「安くする理由」をつくり「根拠のある安さ」を確立して、安くて良い商品の提供を実現していきます。
さらに近年では「お客さまの高齢化が進んでお客さまの行動圏が狭くなっていること」「働く女性が増えていることでお買い物の時間がとりづらいこと」など、ショートタイムショッピングの実現も重要視されている中で、お客さまの身近に出店できる小型のディスカウントストアであるHDSの可能性と重要性が格段にアップしていると考えています。

「戸が笑う」そんなお店づくりを目指しています。

ハード・ディスカウント・ストアは小型の店舗であるため従業員の数も限られていることから、お客さまに顔を覚えて頂きやすく、地域に細かく店舗展開するためリピーターのお客さまが多くいらっしゃいます。

欧米で生まれたHDSも日本では、お客さまとのちょっとした会話や従業員の笑顔、丁寧な接客が必要不可欠で、従業員のチームワークが大変重要となります。
単純に仲が良いだけではなく、お互いが切磋琢磨し「良いお店にしよう」という同じ目標に向かっていける仲間であることが重要になるのです。
良いお店とは、お客さまが来店しやすい、来店したくなるようなお店だと私は考えています。
「従業員が仲良く切磋琢磨している店は戸が笑っていて、お客さまが吸い込まれるように自然と入りたくなる雰囲気を醸し出している。そんなお店づくりをしていこう」と従業員によく話しています。

「小売は人なり」という言葉があります。
お店では、人が人に商品をお渡しするからに他ならないのです。
「この地域にアコレがあって良かったね」とご来店頂くお客さまに言って頂けるような、
「戸が笑う」日本型のHDSの確立を目指します。
アコレだったら日本型のHDSの確立が実現できると信じています。

従業員の成長とそれを支える環境が財産。

日本型HDSの実現には、「根拠のある安さ」を確立するローコストオペレーションの実施や、「戸が笑う」従業員が仲良く切磋琢磨するお店づくり、そしてそれには、従業員一人一人の個の力が大変重要になってきます。
小型店舗であるからこそ、従業員一人一人の成長は直接会社の成長につながるからです。

しかし、アコレでは「従業員を教育しよう!」とは考えていません。
従業員が主体性を持って、自分が成長したいと思える環境を作り続けることが大切だと思っています。
アコレは以前から従業員の成長を止めるような文化や雰囲気が全くなく、自由闊達に意見を交わせる会社です。自らが思えば成長がいくらでもできる会社とも言えます。
それは長年アコレが育ててきた環境で、何者にも変えることのできない社風でもあります。

例えば、私と店長4名で月に1度おこなう懇談会などでも、ドキッとするような質問が飛び交ったり、1週間に1度の店舗訪問でコミュニティ社員*の方に商品陳列のやり方やレジ打ちを教えて頂いたりすることがよくあり、その事からも風通しの良さを感じることができ、コミュニケーションのキャッチボールができていると実感できる瞬間でもあります。「個人の成長し放題」それはアコレの文化であると言えます。
*コミュニティ社員・・・アコレでの、パートタイマーの総称

「成長し放題」のアコレでチャレンジ。

小売という仕事は、自らの成長を実感しやすい業態だと思っています。
それは、お客さまとの距離が近く、喜んで下さっているお客さまを直接目の当たりにすることができるからです。
商品をお求め頂き代金を頂いたのに、「ありがとう」とお声をかけて頂ける仕事なんて、なかなか無いと思います。
特にハード・ディスカウント・ストアのビジネスモデルは自分の成長やお客さまとの関係をより感じることができるフォーマットです。

日本ではまだ3社ぐらいしか取り組んでいないハード・ディスカウント・ストアですが、今後の日本にはなくてはならないビジネスフォーマットだと考えており、その可能性は無限大だと思っています。
日本型HDSとしてはまだどの企業も確立できておらず、これから作り上げていく新たな取り組みです。
また日本で確立した後は、今後日本と同じ環境(少子高齢化)になるであろうアジア圏にもその販路を広げ、拡大していきたいと考えています。

自ら「成長したい」と考えている人は是非とも当社で挑戦して欲しいと思います。
お客さまのためであればやりたい放題であり、自ら「成長し放題」のアコレで、小売ビジネスの世界で新たなビジネスフォーマットの確立を一緒に挑戦しましょう!

企業情報

企業名

アコレ株式会社

本社所在地

千葉県千葉市美浜区中瀬1丁目5番地1号

設立

2014年9月9日

代表者

代表取締役 三浦 弘

店舗数

117店舗(2017年10月1日現在)